2019年03月16日

南米プラナリア再発

昨年末にリセットした45cm水槽ですが、ついにヤツが再来しました。
南米プラナリアです。

実害少ないと言われますが今回に限ってはもの凄い数が湧きまして、ガラス面10×10cmあたり3~4匹は貼りついている感じで、水中も流れに乗って漂っているのが多数・・・
さすがにここまで増えるとキモイ!!

で、どうするか。
以前プラナリアゼロを試しましたが全然効く様子がなく、それでリセットしてしまった経緯があります。
確かにエビにも影響ありませんでしたが退避推奨のラムズホーンもピンピンしてました。
ヒルプラナリアハンターも試しましたが全滅できず、こちらは量とかかなり気を付けないとエビも☆になりますし、ラムズホーンにもよく効きます(散布位置から遠くに離していましたが苦しみ出したので慌てて退避させました)。
ですので今回はチェリーバルブを2匹ほど仕入れて投入してみました。
エビが襲われる危険があるので投入直後はしばらく様子を見るため観察しました。
相性悪かったら隔離出来るように。

取りあえず小さなエビをつつく事がありましたが、それは最初だけでそもそも口が小さいので自分の口より大きいものは食べないようです。
生まれたての稚エビが居ないので問題なさそうですが、稚エビが居たら多分食べられる危険が高いかもしれません。

肝心のプラナリアですが、食べてますよ。
積極的にとは言えないかもしれないですが気が付いた時に目の前にプラナリアがいればパクリ、ってな具合です。

今日で投入2日目ですが目に見えてプラナリアの数が減ってます。
精神衛生上なんとか我慢できるレベルまでなったのでこれは凄い効果です。
ただしソイルの中に潜んでいるのはどうにも出来ないので、結局は共存するしかないようなきがしますが。

プラナリアゼロも諦めないで継続して使えば効果が有るような噂もあるので、合わせ技で全滅させられればいいんですけど。
今度試してみようと思います。
posted by 不精オヤジ at 21:11| Comment(0) | 熱帯魚 | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

ビンディングペダルの威力

前々から気にはなっていたのですが、ビンディングペダルとシューズをセットで購入しました。

ビンディングペダルの仕組みは、スキーなんかでいうとシューズがスキー板にガチャっと嵌る仕組みになっていますが、アレと一緒です。
普通のペダルは踏む力を自転車の進む力に変換しますが、ビンディングペダルの場合は踏む力+足を引く力を合成したものが進む力に出来るので、パワー効率が良いわけです。

というわけで、今日は本格的に60Kmコースを走行中です。(只今休憩中)
ちょっと風はありますが、今までと違ってペダルにかかる力が体感上1.5倍以上は出ているので強力なトルクが発生してグイグイ進む感じでとても楽ですね。
坂も難なく上れる感じで、平地走行でもギヤを2段くらい上げても平気です。

ただ、今まで使っていなかった筋肉を酷使したせいか途中で足がつりましたが。(^^;
これからはこまめに乗って筋肉を鍛えようかと思います。
posted by 不精オヤジ at 13:47| Comment(0) | 自転車 | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

JBL Go 2の音質は凄い

ふと近所のケーズデンキに立ち寄ったらJBLのBluetoothスピーカー「JBL GO2」が置いてあったので視聴してみました。
以前からあったJBL GOの2代目ですね。

外形サイズ71.2mm x 86mm x 31.6mmで184gとかなり小型で軽量の部類に入ります。
大抵はこのサイズのスピーカーですとオモチャみたいなもんで音質に関しては妥協する事が多いのが実状だとおもいます。
いつも買ってみては「まぁこんなもんか」と感じるのが当たり前になっている感があります。
前のJBL GOも「音はまぁまぁだけど、こんなもんか」と思っていた製品の一つだったりします。

新型になってどのように進化したのか確認してみました。

まず前置きとしてスピーカーの性能に関してですが・・・
物理的にサイズが小さいのでハウジングの設計からしてスピーカー部やら電源部など詰め込むと、残った空間は限られていますから響きに関する構造的な仕組みを十分な設計で構築しづらいという欠点があります。
この商品の説明を見ますと、このスピーカーは小型ながらパッシブラジエーターの構造を採用しているとのことで、設計限界に対してかなり挑戦的な製品になっているようです。
小型のスピーカー単品だけですと通常はどうしても低音が出し切れないですから、これは期待大です。

で、手元のプレーヤーを繋いで音質を確認してみました。

・・・凄いです、低音から高音までしっかり鳴っています。
プレイヤー側でイコラザーをフラットにして、様々なジャンルを流してみましたが、3000円クラスのスピーカーでマトモに鳴っている製品に出会ったのは初めての様な気がします。
傾向としては中域が強めのJBLお得意のサウンドではありますが変な癖は無さそうに思いました。
ハウジングが樹脂で小型ですから、音量を上げてくるとどうしても響きが良くない面が出てきてしまいますが、ソースの音をイコライザーなど掛けずに流しても目立った劣化が感じられないのは凄いです。

防水もあって軽いし小さい。
3000円台で購入できる。  
これは一個持ってても損しないと思います。

posted by 不精オヤジ at 16:35| Comment(0) | 家電 | 更新情報をチェックする